人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Daytona BROSに掲載!

革好き、アメカジ好きな人たちに愛読される雑誌、
Daytona BROS に掲載されました!

a0207689_14113364.jpg








お店はP156に載っています。


ページ丸ごとじゃなく、
端っこのところにちいさく載っています。
大きく載ってないほうが、うちのお店は丁度いい。

東京の街中の小さなこのお店は
インターネット販売をしているわけでもなく、
大きく展開しているお店でもなく、
大量生産できるわけでもありません。

でも、そんなところがお店のウリです。

お客様のご希望に合わせて
丁寧に、ていねいに作っているからこそ、
「便利」「早い」は、二の次なのです。

a0207689_14193084.jpg










革のイメージは、「アメカジ」「バイカー」「がっちり系」「かっこいい系」。

うちのお店は、そのイメージに
「ナチュラル系」を足したような感じです。


上手に表現できないのが無念ですがー。

たとえて言うなら、
スニーカーの好きな人も、
ワンピースの好きな人も、
もちろん、革ジャンの好きな人も
どんな人にも、きっと気に入ってもらえると思います。




…雑誌掲載のお知らせと、
ほんの少しだけ宣伝でした。(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-30 10:08 | お知らせ | Comments(0)

お休みのお知らせ

a0207689_1012641.jpg


真に勝手でございますが、
9月29日(木)は、
お休みとさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
by kawakoubou-atsu | 2011-09-27 09:59 | お知らせ | Comments(0)

「ワン」ダフルな首輪



先日カップルでいらっしゃったお客様より、
時計バンドとブックカバーのご注文をいただきました。

前の日に来店いただき、「また明日きます!」と予言どおり、
さっそく次の日に時計本体を持って来てくれました。
(連日のご来店ありがとうございます!)

カップルで、お揃いじゃないけどお揃いのような、革の時計バンドと革のブックカバー。
仲むつまじい空気が素敵でした。
出来上がりをお楽しみにお待ちください!


そして今日ご紹介するのは、
「犬も喜ぶ『ワン』ダフルな首輪」。
a0207689_18153712.jpg











一見、太いサイズのブレスレッドのようなものだけど、
犬が「革の首輪」をつけるなんて、ワンダフル!


a0207689_18171519.jpg











裏側には、人間と同じように名前もサービスでお入れいたします。

『ねぇ、POLKA、君はずいぶんかっこいい首輪を付けてるね!』
『いいでしょう。この首輪、革でオーダーで作ってもらったんだ!裏に名前もついてるよ』


…そんな会話してたりして。(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-26 18:19 | 〈革作品〉小物etc | Comments(0)

旅ばなし

旅に行きたいなぁと思っていたこの頃、
友達と旅の話をしてさらに旅に出かけたくなってしまった。

友達はネパールに行きたいとか。

ネパールは、自分が旅した中で最長の2週間滞在した場所で、
(現地で会う旅人は半年とか1年とかのスパンだから自分なんて、まだまだ「ヘ」のカッパ)
よくもわるくも、たくさん想い出があるから語るには時間がかかってしまう。



a0207689_15533621.jpg






でも、大好きな国のひとつだから
ネパールへ行きたいその友達に、
下手な説明であれやこれや教えてあげました。




a0207689_15541276.jpg












ネパールはカトマンズ。
当時、自分が降り立ったその町は
「砂利道、雑踏、停電は日常茶飯事」。

まだまだ発展途上の町で
日本の生活に慣れてしまっている自分が、
「便利」とかけ離れた町を大好きになったのはどうしてだろう。


a0207689_1556152.jpg











滞在している間、朝は果物屋さんに行って食べた、マンゴージュースとパン。

「この人、また来たのかー」と言わんばかりの無口なおやじさんに、
できるだけおいしそうなマンゴーをえらんで絞ってもらって、
お店の端っこにある椅子に(勝手に失礼して)座って朝食をすませたっけ。


雑踏の端での、こういう時間がたまらなく好きでした。(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-25 15:51 | 雑記 | Comments(0)

お洒落な聖歌カバー

秋晴れの代官山。
台風一過ですっかり秋らしくなりました。


今日は先日オーダーをいただいた、お洒落な聖歌カバーをご紹介。

a0207689_15584772.jpg









聖歌カバーに限らず、本や手帳カバー、
台本カバーなど、大きさに合わせてお作りしています。

ビーズ部分はeagle-danceのshinさんが作りました。
革と革の間のお堀のような部分にビーズを敷きつめてあります。




a0207689_163774.jpg










ビーズで埋めるのはよく見るけれど、
こんな感じに革と革の間をビーズを敷きつめるのもかっこいい。

外側と内側の革の色を変えるとさらにかっこいいなぁと思います。(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-24 16:10 | 〈革作品〉本&手帳カバー | Comments(0)

革の時計ベルト

ついこの間、電車の中で革の時計ベルトをつけている人を発見。

a0207689_21104211.jpg








もちろん、
どこのお店で買ったものなのか分からないけれど
「この人も革のものが好きなんだなぁ」と思うと、ちょっとだけ嬉しくなってチラチラ見てしまいます。


a0207689_21135563.jpg






だいぶ涼しくなって
革ものが欲しくなる、初秋のこの時期。





a0207689_21161492.jpg










時計の革ベルトをオーダーで作ってもらうとしたら、
通し穴はあえて、ひとつだけにしてもらうのが自分流。


だって、ウエストと違って、手首はサイズがそんなに変わらないから!!(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-22 14:09 | 〈革作品〉小物etc | Comments(0)

たいふうがくる

あつい、あつい雲に覆われてしまった。

a0207689_17323787.jpg













a0207689_17343469.jpg








こんな、重たい雲を見るときはいつも、
なんかのうたにでてきた、
「はるか雲の上は上天気ー...」の歌詞が浮かんできます。(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-20 17:35 | 雑記 | Comments(0)

2012年度まで

9月初旬よりだいぶ秋らしくなってきたけれど、
まだまだ暑い東京です。
でも明日から気温が下がるとか。


誰だったか、
『「September,October,November,December」と、
最後にberがつく月になると今年もあともう少しかぁと思う』、なんて言ってたっけ。


郵便局では年賀状の広告がでていて、
雑貨屋では来年の手帳がずらりと並んでいます。

少しづつ来年の準備をしている人たちへ、
今日は手帳カバーをご紹介。

a0207689_20573897.jpg










a0207689_11211454.jpg








革工房では手帳カバーも好評いただいています。
手帳のサイズや、
中にカードを入れるポケットの数などを
ご要望に合わせてお作りすることができます。


忙しいビジネスマンがさっとお洒落な革カバーの手帳を出したら、
なんとなく、気持ちに余裕のあるスマートな人に見える気がします。(m)
by kawakoubou-atsu | 2011-09-19 17:30 | 雑記 | Comments(0)

アメリカより

アメリカに住んでいる友達がアメリカ人の彼と一緒に一時帰国していて、
今晩、友達数人と食事にいくことに。

アメリカ人の彼と、普段どんな話をしているんだろう?
海外の暮らしは興味があるから、アメリカでの生活とか色々聞きたいことはあるけど、
「愛があれば国境なんて」の話の方が気になるお年頃。

普段は何を食べているんだろう?
外国人の彼が、「ハンバーガー命」で毎日ハンバーガーだったら、自分は耐えられるだろうか…

けんかしたときは、思わず日本語で「ばかやろう」とか口走ったりするのかな?
自分だったら、あえて地方弁混じりの日本語で悪態つくだろう。


聞きたいことは山ほどあるけど、
とりあえず、自己紹介くらいはきちんと英語で話さないとな…。

a0207689_16502838.jpg








いつ海外へ行くことになっても、いつ外国の人が来日しても
あたふたしないように日常会話は話せるようにならないと!
by kawakoubou-atsu | 2011-09-17 16:51 | 雑記 | Comments(0)

宮島へ

2泊で広島は尾道、宮島へ行ってきました。

a0207689_13485861.jpg
















なぜ広島へ?といろんな人に言われるけれど
自分の中では京都と同じくらい、日本を代表する観光地なんだけどなぁ。


前からずっと気になっていた「海に浮かぶ神社」。


世界文化遺産として名高い、厳島神社は
人が神と共存して崇められていたそうです。

自分のなかの、
「いつか行って、この目で見てみたいものリスト」のひとつが、この厳島神社。

a0207689_1420199.jpg













海にぽっかり浮かんでいるように見える、でも本当は堂々と自立している大鳥居といい、
引き潮で圧力を逃がすように作られた廻廊といい、
空色に際立つ朱色の本殿といい、
その全部がちゃんと計算されて作られたものなんだと思うとため息が出る。


そしてこんな綺麗な光景が見られるのは、
これを守っていく人たちが努力してる賜物だもんなぁ。


宮島は、
ロープウェイで登って景色を眺められたり、
夏には大鳥居をバックに花火が見られたり、
秋には紅葉も楽しんだり、
たくさんの神社をめぐることもできるみたいです。

次はもっと散策できたらいいなぁと思いながら、腹八分目にして宮島を発つ。
by kawakoubou-atsu | 2011-09-15 18:46 | 雑記 | Comments(0)