代官山 革工房アツ


by kawakoubou-atsu

プロフィールを見る
画像一覧

・About・


一人の手仕事で、
お客様の要望に合わせ
丁寧にお作りしています。


革工房アツ HP
http://kawakoubou-atsu.com/




カテゴリ

全体
〈革作品〉バッグ
〈革作品〉財布
〈革作品〉シザーケース
〈革作品〉携帯・デジカメケース
〈革作品〉本&手帳カバー
〈革作品〉ウェルカムボード
〈革作品〉小物etc
お知らせ
雑記

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

[革作品]キーケース

梅雨の間の晴れ間?
代官山に青空が戻ってきたけれど、
まだ少し、風がつよい昼下がり。
a0207689_14105483.jpg

厚い雲をふきとばせ!


先日、キーケースのオーダーをいただきました。
オーダーをしたのは女性の方で、お母さんへのプレゼントに。

ホック部分は花の形にしてほしいそうで、
革のワイン色とよく似合ってる。
a0207689_14112797.jpg

花が全体的にかわいい感じの印象だけど、革の色でしまってるから、
年配の女性にも十分似合うと思う。
この革の色の組み合わせと、花の飾りボタンは、
「革=ゴツい」印象とはまた違っていて、
革になじみのない女性も抵抗なく持てるんじゃないかな。


a0207689_14121483.jpg

キーケースの中の革は、緑色のご希望でした。
真鍮色の金具との相性もなかなか良い感じ。


お渡しのときには、すごく喜んでくれました。
次はお父さんの誕生日プレゼントに何か贈りたいとおっしゃっていました。
なんて親想いのお客様!


そういえば、今年の父の日は6月19日。
父の日より、母の日のほうが盛大と感じるのは自分だけだろうか…。


がんばれ、世の中のお父さん!
[PR]
by kawakoubou-atsu | 2011-05-30 14:08 | 〈革作品〉小物etc | Comments(0)

キャンドルナイト

東京は昨年より17日早く梅雨入り。

なんだか、毎年なにかしら「異例」の天候で、
地球は大丈夫なのか心配になってしまう。


なんとなく湿った気分になってしまうのも
雨で夕方の革工房がいつも以上に暗いからなのか。

ふだんなら、こんなに暗くないのになぁ。



こういう暗い日には、「ぽっ」と灯すキャンドルが似合うと思う。

もしくは、灯油(灯油は煤が出るのでソレ用の油)で灯すランタンもいいな。


a0207689_1729391.jpg













エストニアはタリンの町にある、「Olde hansa」(オルデ・ハンザ)というレストラン。

中世を感じるその町で、偶然見つけて、吸い込まれるように店内へ。

ぜーーーんぶ、キャンドルで店内が灯されていて、すごく雰囲気がよかった。

ここの店は毎日がキャンドルナイトだなぁ。

日本では夏至あたりに全国でいろんなイベントがあるけれど、
このお店はそれが日常になってるんだもんな。

食事途中に、スタッフ数人がエストニアの伝統歌を歌う。

キャンドルと歌声とおいしい食事とお酒。

すごく贅沢な時間で、
いま自分がエストニアにいることが不思議に思えたキャンドルナイト。



ちなみに食事はエストニアの伝統料理だそうで、
自分たちが食べたのは
土色ワンプレートに色々なものがのってる料理と、陶器に注がれた蜂蜜のビール!

それはもう、すごくおいしくて感動級だった。


帰ってきて調べて分かったことだけど、
タリンの中ではけっこう上位に入るレストランだそうです。

しかもなんと、日本語のメニューあり。

お勧めのレストランです。
[PR]
by kawakoubou-atsu | 2011-05-29 16:44 | 雑記 | Comments(0)

気合は入っているけれど

お店のホームページを新しく作ることにしました。


よーし、作るぞ!

…と腰を上げたのはいいれど、
さっさと作れないのが、ホームページ。


何かを作るということはもともと好きだから、
イメージさえできていればたいてい作れるけれど、
相手がwebだと手強く感じるのです。


だから、「あんなふうに作りたい」「ここはこんな感じで」っていうふうに、
イメージは頭の中ではもう出来上がっているんだけど、
それを形にさくっと表現できないのが、もどかしい。

気合は入っているのに、そのための技術が伴わない。


…とはいっても、やっぱりホームページは第二のお店の玄関だしなぁ。

友人の彼がwebに詳しく、デザインの仕事をしていて、
先日お店に来てくれたときにホームページのことを教えてくれました。


もう、「超」がつくほど初歩的なことも丁寧に教えてくれたので、
いい意味で、ホームページに対しての壁ができてよかった。

いま自分の低レベルな技術でできることと、できないことの境界線ができたような。



遠方の人は、ホームページからもお店を知ってもらえるように。

革が好きな人は、もっと気にいってもらえるように。

革ってちょっと…という人も、「へぇ~こういうお店もあるんだ」と思ってもらえるように。


高いレベルのものじゃなくてもいい。

等身大の「革工房」の雰囲気をほんの少しでも伝えられるといいなぁ。

a0207689_1643734.jpg

さぁて、続きを始めようか。
[PR]
by kawakoubou-atsu | 2011-05-27 15:57 | 雑記 | Comments(0)

ウェルカムボード

昨日は気温が高くて、そして湿度も高かった。

風の匂いに夏を少しだけ感じました。

今年の夏はどんな夏になるだろう?
まだ、自分たちの予定ははっきりと決まってないけれど、
楽しみなことがひとつ増えたのが、ウェルカムボードのオーダー。


7月初旬に三重県で友人の結婚式があり、
ウェルカムボードを作ってほしいとオーダーをいただきました。


ここでウェルカムボードの持論をひとつ。

ウェルカムボードというくらいだから、
普通思いつくのは、平坦な「ボード」がイーゼルに立てかけるものだけど、
平坦じゃなくてもいいのでは?というのが自分たちの感覚。
(平坦なボードも十分立派なウェルカムボードだけれど)


結婚式のあとは飾ったりする人が多いと思うけど、
結婚式の日付から遠くなるほど、なんとなく色褪せてしまう気がしてどことなく寂しい。

だから「想い出」として残すだけじゃなくて、
普段の生活にもちゃんと存在感あるものでいてほしい。


友人も同じ感覚とイメージをちゃんと持っていて、それはとてもいいアイディア!

友人の希望は、
「自分たちの暮らしに、ボードが溶け込む形にしたい」ということと、
「両家両親に写真立てとして贈りたい」ということ。
(とっても親孝行な新郎新婦。)

この理想を叶えるためには、ボードを分けることになるんだけれども、
縁起ものを「分ける」のって…、ちょっと抵抗を感じるかと思いきや、
「新郎新婦から、両親へ記念として贈りもの」なので、問題なし。


両家両親に送る写真立てをふたつと、
自分たち用にひとつ、
その三つを合体させたものが「ウェルカムボード」として受付でお客様をお迎えする、というもの。

自分たち用のところには、さりげなく時計が入っていたり、
もちろん写真も入れられたり、
これも友人のアイデア満載なので、
打ち合わせもすごーく楽しかった。


革の色とか、土台の木の色とか、
それぞれの色の組み合わせで雰囲気もがらっと変わるので
選ぶのが本当におもしろい。


まるで、自分の結婚式のようにすごく楽しみ。

a0207689_1726472.jpg
←自分たちのウェルカムボード。

千葉の房総から拾ってきた流木をイーゼルにして、
ウェルカムボードの土台には、
神津島の海から拾ってきた砂を背景に、
革で作った文字と、自宅近くの浜辺で拾った貝を文字盤にした時計付き。

拾ったものばかりのウェルカムボードだけど…。

流木好きな自分たちにとっては、贅沢なウェルカムボード。

イーゼルは、お店で革バッグをかけると雰囲気が出るし、
時計は自宅でしっかり働いている。



友人のウェルカムボードも、
ずっとずっと、末永く二人と見守っていられるものでありますように。

心を込めて、丁寧に丁寧に作らせていただきます。



今年の夏は、幸せなスタートです。
[PR]
by kawakoubou-atsu | 2011-05-23 11:28 | 〈革作品〉ウェルカムボード | Comments(0)

ブログ始めました

新しいホームページを作ることにしました。
それに伴い、ブログも新しく開設!

というわけで、今日はそのテスト。

a0207689_19573434.jpg

↑山梨県にある、四尾連湖(しびれんこ)。
お店はGWというものがないので、
GW後に一日休みをもらって、今年初のキャンプに出かけました。
水がすごく綺麗で、生まれたばかりのおたまじゃくしが、
何万、何百万といて、きっと夏はかえるの大合唱に違いない。
湖面をすべる朝靄の景色に、四尾連湖だけに…「シビレたー!」
[PR]
by kawakoubou-atsu | 2011-05-22 19:57 | Comments(0)